ホームページ制作 作成について

ホームページ制作について3点触れさせて頂きます。
1つ、ホームページの実際の姿について。
2つ、ホームページの制作or作成or製作、言葉の違いについて少し。
3つ、ホームページの基本的な概要を少し。

このあたりをお話させて頂きます。
企業・法人のWeb担当者さん、ホームページ管理者さんが今さら人に聞けない情報をお伝えできればと思います。

1つ目。
H22年インターネット利用者数は9,462万人。 *今後も増加傾向
インターネット人口普及率は78.2%。 70歳以上のインターネット利用率も増加。
インターネットの利用目的について、電子メール利用を除くと、最も高いのは、「企業・政府等のホームページ・ブログ閲覧」
総務省より(調査時期:H23年1月) とあります。

そして、企業のホームページ開設率は・・・。
全部お話してしまうと、私のお仕事が無くなってしまうので、このあたりを含め、実際の御社のPRできるマーケットについては私達にお声をかけて頂いた時に詳しくお話させて頂きます。

少しこの辺で話を変えましょう。

実際、上記のインターネット利用者数は如何でしたか?
予想よりも多かったですか?少なかったですか?
お客様に伺うと、「思ったよりも多いね」との答えが多かったです。

そして、企業のホームページ開設率、これもお客様に伺ったところ、「そうなの?そんなに多いの?」との答えが。
それくらい利用されているのです。

日本人の10人に7人はインターネットを利用しており、○○%の企業がホームページを開設しているのですから、より効果的に制作し、運用しないと埋もれちゃいますよね。

ホームページは上手く活用・運用できれば非常に強いアピール・メディアになりますが、そうでないと、競合を引き立たせてしまうので注意が必要です。

御社のWebサイトは下記を注意して作られていますか?

①業界・規模問わず人気の高い3大コンテンツが入っていますか?
②問合せを増やすのに必要なホームページの五大原則についてしっていますか?
③訪問者が目的のページに辿り着くユーザ導線はしっかり設計・設定されていますか?
このあたりは、御社のホームページ制作のお手伝い時に他社と差別化するご提案としてさせて頂きます。

 

最後に、ホームページには2つのタイプがあります。

①自社で更新せずに当社の様なホームページの制作会社に依頼する通常型のホームページ。

②自社で更新する事のできるホームページ。
当社では更に超・カンタンに更新・追加・修正等が出来る、クラウド・ホームページと、
デザインやプログラム連携が柔軟にできる拡張性高いクラウドα(アルファ)ホームページ。
この2つをご依頼頂く事が多いです。
カンタンHP更新機能とはについてはこちらから

両パターンとも、導入前にデモンストレーションが出来ますので、気軽にこちらのフォームより、メッセージ下さい。

2つ目。
ホームページの制作or作成or製作、言葉の違いについて少し触れてみます。
以下3つエキサイト国語辞典より抜粋。
制作 = 芸術作品や映画・演劇・放送番組などをつくること
作成 =主に書類や計画などを作りととのえること
製作 = 主に道具や機械を使って物品を作ること

つまり、日本語の意味からいきますと、
ホームページ 制作
ホームページ 作成
ホームページ 製作
この3つの語句からでは、ホームページ 制作 というのが一番正しいかと思います。

ホームページ制作するためにWebサイトの設計、つまりホームページ 内容を 作成するというのは間違っていない使い方だといえるでしょう。物品ではないので、ホームページ 製作にはならないので、ここだけ少し注意でしょうか。

じゃあ、実際ホームページ会社のサイトは作成と使われていないかというと、そうではないです。
たまにホームページ 制作 と ホームページ 作成 の違いを分からずに文章書かれている会社さんもありますが、制作会社でなければ、結構「ホームページ 作成」で探される方も多いですのでこちらもヒットするようにしているのです。

ただし、ホームページ 製作 は間違っていますので、このキーワードで表示されるのは、私個人の意見としては無しかなぁ、と。
「使ってダメ」や、「使うと非常識」ではないのですが、少し頭の片隅にでも置いておいて頂けると良いかと思います。
分かって使うのと、分からないで使うのは凄く差がありますから。
個人の意見ですが、ホームページ制作会社以外は、ホームページ 制作 でも ホームページ 作成 でも良いように思います。
ホームページ制作会社も分かって使っているなら、OKです(・・・よね?)。

 

3つ目。
ホームページとは、Webサイト(オフィシャルサイト等のTOPページの事)
インターネット・ブラウザから最初に見るページをYAHOOやMSN等のTOPページ(=ホームページ)を設定している人が多数いたためこの様に広がった、というのが一番ありえるかな、と
サイトやWebよりも、ホームやページの方がイメージしやすいですものね。広める人が分かりやすく言おうとして言ったのが発端でしょう。

ここからウィキペディアより抜粋。
ホームページとは、本来はウェブブラウザ(=インターネット接続)をした時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページであり、スタートページともいわれる。

もしくは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどにログインすることで表示される各ユーザー専用のページである。

日本などの一部の国では「ウェブサイト=ホームページ」という認識が広く浸透している。ウェブページやインターネット全般を指すのも本来の用法ではない。

「ホームページ」の省略形としてHP、ホムペなどといったものもある。これらは単に省略して言っているだけなので、上記の用例の意味のままで、それ以上に意味が加味されたり減るということは無い。ただし英語圏では通じない。HP=ヒューレットパッカードをさすから。
ここまで抜粋。

ここも、「使ってダメ」「使うとオカシイ」ほどではないのですが、少し頭の片隅にでも置いておいて頂けると良いかと思います。
分かって使うのと、分からないで使うのは凄く差がありますから(笑

Copyright© 2010 ホームページ制作 作成 名古屋 All Rights Reserved.