10月, 2016年

ホームページ活用について|HPコラム

2016-10-18

ホームページ制作 ・Webページ 作成 で名古屋 の企業様のお手伝いを
させて頂いております、ダブル・ダブル・ジーです。

 

当社はコーポレートサイトを多く制作させて頂いているのですが、
そのなかで、この様なお話を良く聞きます。

「ウチは固定客が多いからホームページからの集客はいらない」
「ホームページ自体、名刺や看板と同じであるだけでいい」
「採用は求人媒体に出しているから問題ない」
「だれがホームページを管理しているか分からない」
「ホームページをどう活用すればいいか分からないので今はいい」

いかがでしょうか。
お考えになられている点で合致するところはありましたでしょうか。

 

上記のお考えへの回答ですが、


「ウチは固定客が多いからホームページからの集客はいらない」

→本当に不要ですか?
見込客だけでなく、今の取引先にも伝えきれていないサービスが
あった際に、それらの記載されているホームページであれば、
ご商売の幅や内容が増えるかもしれません。

また、企業が存続するためには「売上」は必須です。
その「必須の事」が本当に不要なのでしょうか。

上手くホームページを活用できていない企業様は数多くあります。
じつは「機会損失」をしているかもしれません・・・。

 


「ホームページ自体、名刺や看板と同じであるだけでいい」

→ホームページは、使い方ひとつでイメージアップにもイメージダウンにも
なりえます。ホームページを制作して開設してからほとんど更新されてない
状態のものと、定期的に更新されているもの、どちらの方がイメージが
よいでしょうか?

実際、ご自身で他のホームページを見る際は上記の様な更新頻度も見られる
のですが、自身のホームページの場合は別と考えられている方も多いです。

非常に勿体ないです。
あるだけでなく、活用してこそホームページは威力を発揮するのです。

…ちなみに、「活用ができないからホームページ自体無いほうが…」という
考えは、論外だと思います・・・。

 


「採用は求人媒体に出しているから問題ない」

→採用にあたって、入口・窓口となるのは、確かに求人媒体です。

ただ、求人媒体は競合も多いです。
そして求職者は、いろいろな企業の情報を見比べます。

その際にチカラを発揮するのがホームページです。
社員として仕事を探されている方は、ほぼ100%ホームページを閲覧
されています。

その状況で採用ページを強化されないのは非常に勿体無いのです。
どの様に強化するといいかは、ノウハウになりますので、またの機会に
致しますが、媒体だけではこれまた勿体無いのです。

 


「だれがホームページを管理しているか分からない」

→この話もよく聞きます。
だからこそ、管理させていただき、お力になりたいと考えます。

実際、何かあったときに責任者不在、というのはあまりにリスクの高い
管理になるかと思います。

ホームページに関わることが、得意・不得意でなく、企業の資産として
しっかり管理されることをオススメします。

 


「ホームページをどう活用すればいいか分からないので今はいい」

→この活用に関してはいろいろな側面がありますので、またの機会に
お話させて頂きます。

ただ、企業のホームページだからと言って活用できない事はなく、
企業ホームページの特性を生かして活用することをオススメします。

もし、近くにお知り合いの方がいなければ、些細なことでも大丈夫ですので
ぜひ気軽にお声をかけてくださいませ。

 

 

ホームページ制作 Webページ作成 活用 をお考えの名古屋の企業様
お力になります。気軽にお声をかけて下さいませ。
クラウド・ホームページ 情報更新担当:相沢

Copyright© 2010 ホームページ制作 作成 名古屋 All Rights Reserved.